読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

登山女子のぽんこつ日記~はじめての登山やコース、装備など~

登山のこと、山道具のこと、いろいろ紹介します。

北穂高岳 10月の寒さと服装・装備 三日目

安全山行記録

2016年10月10日(月)

穂高 冬の訪れ

f:id:chi-sk8:20161015195440j:plain

 

上高地から涸沢ヒュッテまでのスピード登山作戦を成功させ、

昨日は初めての北穂高に登頂しました。

 

幸せな気持ちいっぱいで眠りについたのですが・・・

 

さ、寒い。

なんだこの寒さは。

時計のバックライトを点灯させると4:30。

あ、今回の腕時計はプロトレックです。

chi-sk8.hatenablog.com

 

まだ暗いテントの中、首にかけたヘッデンをつけます。

 

すると、

 

f:id:chi-sk8:20161015194125j:plain

なんじゃこりゃ~!

シュラフの表面に霜がびっしりです!

これが一泊目だったら大変でした。

プリマロフトのシュラフですので、濡れても保温はしますが、湿ったシュラフで寝るのは辛いものがあります。

ダウンのシュラフだったら完全アウトですね。

ゴアテックスシュラフカバーが必要ですね。

 

テントの内側も霜。

フライのジッパーは凍って開きにくくなっています。

 

シュラフから出るのに勇気がいります。

このまま7時頃まで寝ちゃおうかな~。

でもシュラフの中でも寒いしなぁ~。

 

パートナーとも「まだ起きないの?」、「そっちこそ」と言い合って、なかなかエンジンがかかりません。

 

しばらく悩んでいると、パートナーが「破!心頭滅却すれば冬の穂高も寒くな~い!素意!」と叫び、涅槃の境地に達したような顔で、パッと動き始めました(ワラ)。

 

仕方なく私も着替えます。

腹を決めたらやるしかない!

脱いでしまえば意外と平気です。

 

お湯を沸かします。

念のため寒くても点火しやすいパワーガスにしてよかったです。

f:id:chi-sk8:20161015194239j:plain

 

キンキンに凍りかけたお弁当を食べ、お花摘みに。

 

トイレ横の温度計を見ると0.1℃!

 

f:id:chi-sk8:20161015194529j:plain

 

ということは深夜は氷点下だったわけです。

こりゃ寒いはずだ。

たった一日でこんなに寒くなるんですね。

 

岩も表面が凍っています。

目で見てもわからなくてツルツル滑りますので要注意ですね。

もうこの時期は朝方や日陰の岩は気を付けないといけないですね。

 

赤いフリースで揃えた警備隊の方々も小屋に向かいます。

朝食の手伝いでしょうか。

有りがたいですね。

 

寒いのに、もう少しテラスにいなければ・・・

その訳は。。。

 

そう、モルゲンロートです。

 

モルゲンロート

5:50、今日は見れるのか。

シーズンに1~2回程しか見ることができないそうですので、どうかなぁ?

 

すると・・・

 

穂高から顔を出した朝日が、穂高の尾根筋全体を赤く染め上げます。

f:id:chi-sk8:20161015200542j:plain

 

f:id:chi-sk8:20161015200603j:plain

車のウィンドウを降ろすように。

 

 

f:id:chi-sk8:20161015194446j:plain

ゆっくり確実に新しい一日の始まりを告げます。

 

さぁ、今日は下山だ。

 

テントに戻ると撤収です。

 フライをパタパタしても霜が取れません。

重たいのは嫌ですが、そのまま45リットルごみ袋へ。

 

テントは水分を吸うとかなり重くなります。

実はこの霜、東京に着いた夕方でもまだ凍っていました!

 

寒いですが、ダウンを脱いで、Tシャツとソフトシェルのレイヤーに変えます。

 

靴ひもを締めたら、

よし!下山だ。

f:id:chi-sk8:20161015194654j:plain

 

やはり岩が所々凍っていますので慎重に。

 

f:id:chi-sk8:20161015194749j:plain

 

誰もいない本谷橋

f:id:chi-sk8:20161015194847j:plain

 

横尾まで2時間。

f:id:chi-sk8:20161015194920j:plain

f:id:chi-sk8:20161015195011j:plain

 

 

朝霧につつまれる徳澤園

f:id:chi-sk8:20161015195112j:plain

 

柔らかな日差しを浴びるテン場

f:id:chi-sk8:20161015195144j:plain

 

冬は、どこに登ろうかな?

そんなことを考えながら

f:id:chi-sk8:20161015195229j:plain

 

f:id:chi-sk8:20161015195259j:plain

 

f:id:chi-sk8:20161015195258j:plain

 

横尾から上高地までは休憩しながら2時間10分でした。

 

f:id:chi-sk8:20161015195312j:plain

また来よう。

 

 

秋から初冬の装備

ザック:ゼロポイント アルパインパック60

シュラフモンベル バロウバッグ#3

マット:サーマレスト リッジレストクラシックS

    5mm厚銀マット

ブーツ:モンベル ツオロミーブーツ

防寒着:パタゴニア ナノパフジャケット

    ナンガ ポータブルダウンパンツ

    ユニクロ ヒートテックタイツ

    コーナンで買った激安フリース手袋

 

    

持っててよかったもの

使い捨てカイロ

 助かりました。

スリング

 テント天井や外でトレッキングポールに張って物干しにも便利。

プラティバス

 湯たんぽにもなります。

 

 

あったらよかったもの

ニット帽・・・寒かったので。

フリース・・・ソフトシェルよりフリースが良かったですね。

       パタゴニアのR1だったら行動中も暑くなりません。

シュラフカバー・・・結露対策や防寒対策に。

サーモス山専ボトル・・・いちいちお湯を沸かすのが手間です。

吸水速乾タオル・・・結露拭きに便利です。

          

寒さについて 

こればかりは個人差があります。

わたしは比較的寒さに強い方です。

そして行動中はかなり汗をかきます。

 

この時期の北アルプスは雨が降れば、翌朝には雪が積もることもあるそうですし、岩が凍ると滑って怖いです。

 

衣類やシュラフは冬だと思ってチョイスするのですが、過剰だったり、甘く見ると寒かったり。

なかなか難しいですね。

ダウン製品は濡れるとおしまいですので、プリマロフトが好きです。ただ重たくなりますので、そのへんのバランスにいつも悩みます。

 

装備品はよく軽アイゼンの必要性が議論されますが、天気予報を見て、お守りとして持っていきます。

私はまだ必要性を感じたことがないので、この時期に必用かわかりませんが、何年か前のこの時期の涸沢で、朝起きたら雪が10センチ積もっていたそうです。

 

今後、積雪になったら試してまたレポしようと思います。

 

長野県警の統計によると、今年10月2日までで、槍、穂高山域での事故発生は54件、遭難者59人、負傷者27人、死者13人となっています。

県内全体の22.8%と、一番事故が多い山域です。

ビバークになったら恐ろしく寒いですし、逆に過剰装備でも疲労と事故につながります。

自分の実力を見極めたり、トレーニングしたり、経験を積んだ上で必要な装備を考えなければと思いました。

 

まとめ

穂高は天気の良いタイミングに二泊で行くのが一番楽しめました。

軽量化でこんなに楽になるのを実感した一方で、筋力や心肺を鍛えて、もっと重たい装備でも早く登れるようになりたいと思いました。

厳冬期はもっともっと装備が重たくなりますし。

今回の山行では、登山の基本を再確認できました。

ポイント

·天気

·軽量化(装備の工夫と取捨選択)

·トレーニング(筋力、心肺、歩き方)

·そして何より安全意識

 

とにかく安全に北穂高に登頂できたことと、それによって得たことは私の宝物になりました。

次はどこに登ろうかな~?

このエントリーをはてなブックマークに追加