登山女子のぽんこつ日記~はじめての登山やコース、装備など~

登山のこと、山道具のこと、いろいろ紹介します。

登山用腕時計3選 女子が選びます

登山の時計

登山ブームで、

登山用の腕時計も各メーカーからたくさん発売されていますね。

 

でもどれを選んだらいいの?

どんなものがおすすめなの?

 

と、私自身もずいぶん悩みましたので、実際に山で使ってみた経験からおすすめ3種をご紹介します。

 f:id:chi-sk8:20160806211510j:plain

時計選びのポイント

まず、アナログの針時計かデジタル表示か。

 

アナログ

アナログ時計は、現在の時刻から、経過した時間がパッと見てすぐに分かります。

地図を見ながら自分のペースを把握するときに時間が円グラフのように量でわかるので楽チンです。

「あそこのコルから○○分経過したからあと少しで小屋だな」といった風に。

いちいちスタート時刻から現在時刻を引き算しなくて良いのす。

疲れていると、結構計算が面倒なことってありますよね。

 

ただし、アナログでは、時刻以外の情報表示が小さい液晶ディスプレイだったりしますので、見えにくいです。

 

デジタル

デジタル表示は、時刻、高度、方位などの情報が簡単に切り替えられます。

そして画面全体に大きく表示されますので見やすいです。

逆に経過時間は自分で引き算するのが面倒だったりします。

 

機能

 コンパスや気圧計、高度計、温度計が付いているものがメジャーですね。

ただし、その精度については??です。

 

コンパスは水平じゃないと正確ではないし、その表示時間も短く、地図とにらめっこしている間に変わってしまいます。

 

高度計は気圧をベースに計算していますので、気圧が変化したら変わってしまいます。

ポイントポイントでこまめに設定しなければなりません。

 

温度計は体温の影響があります。

 

とはいえ、こういったギミックがあると山行がワクワクしてきますね。

 

あくまで目安として、必ず単体機を持参しましょう。

 

 

 

1.カシオ プロトレック

カシオのプロトレックは登山用の時計の老舗ですね。

国産という安心感もあります。

また開発にあたっては、竹内洋岳さんや、花谷泰広さんがアンバサダーとして関わっていますので、実践的なモノになっています。

 

私のプロトレックは、

CASIO PRO TREK  PRG-300

本格アウトドアギア PRO TREK - CASIO

f:id:chi-sk8:20160806210607j:plain

 

これは上位機種のPRW-3000の姉妹機で、3000の電波機能を省略したものになります。

 

タフソーラー

コンパス

気圧

標高

気温

と基本的な機能はもちろん、日の出、日の入り時刻もわかります。

 

実物はコンパクトで軽く、薄く邪魔になりません。

 

山では、ザックのベルトや、スリングやロープに引っ掛かると危険ですので、薄さはとても大事になってきます。

 

あ、ちなみに私は右利きですので、右手に時計をします。

ザックを背負うときに、右腕から先に通すので、ひっかからないためです。

 

優れた機能があっても、邪魔なサイズでは意味がありません。

 

コンパクトさと、機能性のバランスではプロトレックは素晴らしいですね。

 

反転液晶でかっこい

 f:id:chi-sk8:20160806210729j:plain

機能を示すアイコンが絵でわかりやすい

 f:id:chi-sk8:20160806210826j:plain

グローブでも押しやすいボタン

 f:id:chi-sk8:20160806211845j:plain

 f:id:chi-sk8:20160806213740j:plain

なにより、雪の滝谷では、

http://www.ranacosta.net

花谷さんはPRW-3000を着用していました。

スポンサー契約とはいえ、アルパインクライマーが実際の山で使うくらいですので、信頼性があるということでしょう。

 

 

 

2.セイコー プロスペックス アルピニスト

 

SEIKO PROSPECS ALPINIST 

f:id:chi-sk8:20160806210932j:plain

こちらも、

ソーラー充電

方位

気圧

高度

気温

の基本機能が揃っています。

精度もプロトレックと変わりません。

方位計測はプロトレックより少し遅いです。

 

面白いのは、登高スピードが計測できたり、

一番は消費カロリーが計測できるので、疲れてきても、

「○○キロカロリー消費した!」と、永遠と続く樹林帯のアプローチなどではとても励みになります(笑)

 

フェイスが小さいので、手を着いたときにも邪魔になりません。

 f:id:chi-sk8:20160806211016j:plain

ボタンも大きくグローブのままでも押しやすい

 f:id:chi-sk8:20160806211045j:plain

樹脂ベルトは細めで柔らかいので着け心地も良く、余ったベルトがぶらぶらしないようになっています。

 f:id:chi-sk8:20160806211124j:plain

f:id:chi-sk8:20160806213832j:plain

 

3.カシオ F-91W

 f:id:chi-sk8:20160806211154j:plain

これは登山用ではありません(笑)

でも登山におすすめですし、最近山でも良く見かけます。

ULハイカーの方達などに人気が出てきているようですね。

ガチの山屋の人も使っているようです。

 

時刻とストップウォッチのみです。

 

しか~し!

ちゃんと防水です。

装着したまま川に入ったことがありますが、全然平気でした。

 

何よりこの薄さ!

ザックを背負うときにもひっかかりません。

 f:id:chi-sk8:20160806211238j:plain

 

軽すぎて装着しているのを忘れてしまいます。

 f:id:chi-sk8:20160806211947j:plain

一応ライトも付いています。

ホタルのようなかなり控え目の光に癒されます。

 f:id:chi-sk8:20160806213910j:plain

何故かお洒落に見えます。

 

そしてホームセンターのレジ横等で1000円程で買えますので、

壊れても痛くありませんね。

 

コンパスは単体を必ず持ち歩くし、高度計はGPSがあるし、ヘッデンだって常にザックに入ってるし、なんだかんだこういった機能は単体機にはかないませんね。

 

と割りきって夏山で使うにはおすすめです。

 

以上、私のおすすめ時計3つを紹介しました。

 f:id:chi-sk8:20160806211418j:plain

実際に山でよかったと思った機能は、コンパスですね。

 

厳冬期にホワイトアウトで、まるっきり方向を見失ったとき、コンパスを取り出したらコンパスが強風で谷に飛ばされてしまいました。

そのとき時計のコンパスで方角を確認し、事なきを得ました。

 

どの時計も大きな差はありませんので、おしゃれなやつ、自分の気に入ったやつが、楽しく登れていいですね。

 

あ、最近はアナログが欲しいなと思います♪

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加